院内感染対策指針

1、目的

この指針は、院内感染の予防、再発防止対策及び感染症発生時の対応等、当院における院内感染対策体制を確立し、適切かつ安全で質の高い医療・看護サービスの提供を図ることを目的とする。

2、基本的な考え方

患者、職員への感染リスクを最小限にするという視点で、湿性生体物質に接触する場合は、全て感染の危険性を併せもつと認識して対処するというスタンダードプリコーションの考えに立脚した医療行為を行う。併せて臨床現場での感染経路別予防対策、職業感染予防対策は院内感染対策マニュアルを活用し実践する。マニュアルは、年1回見直し改正を行う。
院内感染対策の重要性、必要性を全職員に周知徹底し積極的な取り組みを行う。

3、院内感染対策委員会

院内感染対策に関する問題点を把握し、改善策を講じるなど活動の中心的な役割を担うため、院内感染対策委員会を設置する。この委員会は組織横断的な構成員で組織され、毎月1回開催され、院内感染対策等に関する審議を行う。

4、リンクナース

看護部よりリンクナースを選出し、院内ラウンドを行い各セクションの問題点を検討し、院内感染対策委員会の下部組織としてスタッフの指導、感染情報の周知を行う。また、血流、尿路感染等のサーベイランスを行う。

5、職員研修

全職員を対象に、院内感染研修会を年2回以上実施する。また、院外で開催される各種研修会、学会などの開催情報を広く通知し、研修会への参加を促し、感染対策に関する知識の向上に努める。

6、感染症発生時の報告、対応

感染症が発生した場合は、定められた報告ルートにより速やかに報告する。感染症転帰についても同様とする。特定の感染症が発生した場合は、保険所へ報告し連携して対応する。

7、本指針は、ホームページ等に掲載し一般に公開する。

8、その他

当院職員は院内感染対策委員会が定めた院内感染対策マニュアルを熟知し、マニュアルに基づき感染防止対策を実践する。対策上の疑義については院内感染対策委員会が対応する。

文字の大きさ